重要なお知らせエリアを非表示

2020/10/20 18:17


Harikuyamakuさんの音楽は

機械的な音の中にもノスタルジーを感じさせる、

既存のジャンルには到底ふりわけることができない、素晴らしく美しい新時代の音楽です。



心地の良いビートと不思議な音に合わせて踊れば宇宙を感じます。



ご出身地である沖縄の民謡とDubを掛け合わせた三線がーる稲嶺幸乃との新リリース

「Genshikyo」

は、カッコ良すぎて鳥肌です。


確実に沖縄民謡の新たな境地をひらいていらっしゃいます。



ミュージシャンのHarikuyamakuさんは

とってもファッショナブルでpeaceな最高なアーティスト!


面白くて一緒にいる人を笑顔にしちゃう

めちゃくちゃ素敵なお兄さんです。



そんな素敵なHarikuyamakuさんの音楽からは音楽への愛と喜び、そして沖縄への深い愛を感じます。



音楽好きな大切なあの人へ。

ぜひHarikuyamakuさんのMIXテープをどうぞ。





〜アーティストよりコメント〜



コザTower of Dubを根城に活動するプロデューサー/DJ。


ベーシストとして音楽を始め、ロック、ハードコア、幾度もの海外放浪を経由して2012年、沖縄原点回帰のアルバム「島DUB」を発表し、アンダーグラウンドヒットさせる。


その後、Churashima Navigator、Isatooment、angama、銀天団といったバンドでも活動しながらそれぞれでリリースを重ねた。


2018年、Harikuyamakuとしては久々に「Kanasu Remixes」を久保田麻琴氏とスプリットでリリース。


2019年からは唄者稲嶺幸乃との製作、ライブを開始し、「大島ヤンゴー節」をリリース。

海外から評判を得た。


また同年、DJとしての活動も開始し、AIENで開催の「En-nichi」を軸に様々な現場でプレイしている。


2020年、chill mountain recよりEPGenshikyo」、自身の配信サイトBandcampより初のアンビエント作品「Subtropica」、島DUB作品「Sulukill Kuichar」と精力的にリリース。




Harikuyamakuの商品一覧を見る